これからの時代に役に立つ、介護事務の資格

この資格の時代、取得人気上位の資格は医療事務。そんなことをよく見聞きしているのに、資格を取るタイミングを逃してしまいました。年齢的に、今資格を取ってもあまり効果が無いように思います。

もっと若い時に取っておけば良かったのですが。そこで考えたのが、今でもどんどん増え続けている高齢者介護施設で役に立ちそうな介護事務。実際自分自身も介護施設で、介護職として働いています。資格取得のための講座を行っている色々な会社の広告を見ても、これからは介護事務、というような文章を見掛けるので将来有望かもしれないと思いました。

時間もお金もないので、通信教育の講座を受講することにしました。集中して勉強して、2か月弱で修了しました。後は資格の認定試験を受けるだけです。通信教育の会社によっては、その認定試験が在宅で受験できるところがあります。私も在宅で受験します。

介護事務とケアマネージャー

ケアマネージャーは施設内で最も多忙で仕事量が多い業務といっても過言ではないでしょう。そのため、ケアマネージャーとの関係は時に厄介なものになることがあります。

特に人間関係においてうまくいかなくなることもあるかもしれません。ケアマネージャーは時々厳しい言葉を発することがあります。しかし、そのような言葉に対して売り言葉に買い言葉のように感情的にならずに、どれほどケアマネージャーが過酷な労働を行ってるかを気遣うことが必要です。

そういった心遣いによってコミュニケーションも円滑になり良好な人間関係が築けるようになるでしょう。

そもそもケアマネージャーの厳しい言葉や態度は悪意がないものですし、長々と根に持たれることもありません。急ぎの仕事を依頼されると介護事務も忙しくなることが往々にしてあります。しかし、介護事務の業務として利用者のスケジュール表や各種書類作成および手続きなどは、たとえそれが補助的な業務だったとしても、迅速にかつ正確に行うことが基本だということをしっておくべきでしょうし、ケアマネージャーも助かります。

ケアマネージャーが仕事を滞り無くスムーズに行ってもらうためにも、介護事務は気持ちをゆったりと対応する必要があるでしょう。それも結局仕事の一つですから介護事務として適切に対応できるように頑張りましょう。

介護事務を続けることで、ケアマネージャーがどれだけ大変な業務かがわかってくるに違いありません。それがわかれば、ケアマネージャーが要求を口にださなくとも先回りして何が必要かもわかるようになり、スムーズなサポートが行えるようになります。一時の感情に流されずに、ゆったりとした気持ちでケアマネージャーに気遣うことができるようになれば介護事務として合格点といえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>